双極性気分障害の原因を特定
Proceedings of the National Academy of Sciencesに掲載

横浜市立大学 学術院医学群 薬理学 五嶋良郎教授らの研究グループは、サンフォード・バーナム・プレビス医学研究所(米国、サンディエゴ)のEvan Snyder博士らと共同で、双極性気分障害*1の患者さんのiPS細胞*2の解析から、collapsin response mediator protein 2 (CRMP2) というタンパク質の翻訳後修飾異常*3を発見しました。

双極性気分障害とは、気分障害と言われる疾患の中の一つのタイプで、躁(そう)状態と鬱(うつ)状態の両方が出現する病態、いわゆる躁鬱(そううつ)病です。
この双極性気分障害の患者さんには古くから炭酸リチウムという薬物が使用され、良く効く人とそうでない人がいることが知られていましたが、なぜ効果があるかはよくわかっていませんでした。

今回の研究において、1) 疾患特異的iPS細胞を使った実験で、炭酸リチウム*4が効く双極性気分障害の患者さんの脳では、CRMP2のリン酸化*5が亢進していること、
2) この亢進は炭酸リチウムで抑えられること、
3) 躁病の動物モデルでは、CRMP2 のリン酸化が亢進していること、CRMP2のリン酸化を起こらないようにしたCRMP2S522Aノックインマウスというモデル動物(後述)では、躁状態が軽減されること、
4) 患者さんの死後脳では、神経の伝達を担う構造体であるシナプスの構造が変化していること、5) 炭酸リチウムの処方を受けていたヒトではCRMP2のリン酸化亢進がみられず、シナプスの構造は正常に保たれていること、を明らかにしました。
本研究により、炭酸リチウムが効く双極性障害患者さんではCRMP2のリン酸化修飾異常が病態と相関しており、その異常は炭酸リチウムで抑制されることが分かりました。
また、この関係は動物モデルでも同様であることが確認されたため、双極性気分障害の新しい治療法の研究開発に大いに役立つと期待されます。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:横浜市立大学 2017.05.12
http://www.yokohama-cu.ac.jp/amedrc/news/20170508_goshima.html

▽関連
Early Edition > Brian T. D. Tobe, doi: 10.1073/pnas.1700111114
Probing the lithium-response pathway in hiPSCs implicates the phosphoregulatory set-point for a cytoskeletal modulator in bipolar pathogenesis
http://www.pnas.org/content/early/2017/05/11/1700111114.full

コメント一覧
泰葉さん呼んでますよ
 
 動物で躁うつが分かるって、それはすごい。
 
オッケーオッケー、でどうしたら気分上がるかな
結構浮き沈み激しいから鬱になる前に知りたい
どういう機能をもつタンパクをコードしてるの?
躁うつ病とか言わんのんな。
全然そう状態がないのに
双極性って診断されて
一生物といわれてるけど
本当になんの薬も効かんわ
だけど飲むのやめると希死念慮でる

なんなのこれ助けて
>>7
 双極性障害で、そうの時は散財するとか、人が変わるぐらい行動が派手になるがね。
 
>>8
そんなのないのに双極性のうつのひどいやつと
診断されてるんだよ
市立大に変わろうかな、もう
>>9
希死念慮って、自さつしようかな……、って感情だろう?
俺も前はそうだったし、今でもたまにあるからわかるけど、

男だったら、オナ禁+亜鉛+牛肉豚肉+日光浴びる、で鬱状態は消えるな
たまに気分が高まりすぎてるな、と自己認識したら、
思いっきりオナニーして発散すれば下がる