昨日、台湾のパルから手紙が届いた。

かわいいシールとともに。

彼女とは手紙にシールを入れるのが流行となっている。

さて、手紙を読もうと便箋を開くと、中には私が書いた手紙。

どこか日本語がわからなかった?と読んでみる。

たまに「~って、どういうこと?」と聞かれたりするので、

付箋でも貼ってあるのかしら?とみてみた。

6枚、私の書いた手紙が最初から最後まであって、

彼女の付け足しも何もない。

・・・これはなんだ?

なにかのおまじないか。

もう文通辞めましょうっていう新手のはっきりした意思表示か?

よくわからないときは、変な先入観を持たずに直球で聞くことにしている。

「私の書いた手紙ががそのまんま入ってましたよ。」とLineで

彼女に聞いてみた。

4時間後、

「本当?!うわぁ~、私ってなんて馬鹿なんだ…」と返ってきた。

えっ?いままで気づかず?

彼女が書いた手紙はどうなったの?と各種疑問がいっぱいだけれど、

「明日、送ります!」ということなので。

私も返却された手紙を再び送った。

日本→台湾→日本→台湾、2往復する便箋なんて、

そうそうないに違いない。

FB(フレンドシップブック)でもないのに、うろうろしている手紙。。。

いやぁ~…類は友を呼ぶっていうけれど、

私はそこまでおっちょこちょいではないぞ!と思った。

それでも、いつか私もやらかしてしまいそうだし、

(3年文通してて、そんなことは一度もないけれど、)

気をつけよう。

みなさんも、気を付けて~!!って、そんなことない?


にほんブログ村