f:id:newsoftheworld:20161203130758j:plain

ブラジルサッカーチーム・チャペコエンス(Chapecoense)のゴールキーパー、ダニーロ・パディーヤ(Marcos Danilo Padilha)。

 

享年31歳の

その短すぎる生涯の活躍に迫ります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 ⇒墜落事故概要

f:id:newsoftheworld:20161130103155j:plain

 11月29日未明、

ブラジルサッカーチーム

シャペコエンセ(Chapecoense)の

搭乗するRJ85航空機CP2933便が墜落。

 

チームメンバー含む搭乗員77名のうち

6名しか生存しなかった凄惨な事件で

両足切断された状態で発見された

ダニーロ・パディーヤ(Marcos Danilo Padilha)

 

救出され病院へ搬送されるも

その甲斐もなく死亡が確認されました。

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203131243j:plain

シャペコエンセ(Chapecoense)の

守護神として数多くの脅威から

守り続けたゴールキーパー・ダニーロ。

 

齢にしてたった31歳でこの世を去った

その儚くも輝かしい人生は

どういったものだったのでしょうか

 

スポンサーリンク

 

 

 

⇒出生と幼少期

f:id:newsoftheworld:20161203131432j:plain

生まれは

ブラジル・シアノルテ(Cianorte)。

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203131531j:plain

母の

アレイド・パディーヤ(Alaíde Padilha)、

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203131536j:plain

父の

ユニス・パディーヤ(Eunício Padilha)

との間に1985年7月31日、

この世に生を受けます

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203131739j:plain

名をマルコス・ダニーロ・パディーヤ(Marcos Danilo Padilha)。

 

幼少期のダニーロは明るい性格で

多くの友達に囲まれる

ムードメーカー的存在だったそうです。

 

ブラジルにおいてのサッカーは国技。

幼いダニーロもまた、

そのサッカーの魅力に惹かれ

のめりこんでいきました。

 

 

⇒選手になりたい

f:id:newsoftheworld:20161203131820j:plain

物心つく頃から

サッカーボールに触れていたダニーロは

いつしか「サッカー選手になりたい」

その小さな胸に大きな夢を

秘めるようになっていくのでした。

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203131916j:plain

なぜなら、彼の自宅前には

このようなゴールが置いてあるからです。

 

そしてダニーロの友人・セルジーニョは

比較的小柄なダニーロに対して

ぶっきらぼうにこう言い放ちました。

 

「おまえ

 小さいからゴールキーパーやって」

 

小柄なダニーロの遥か頭上に並ぶ

この長いクロスバーの下で、

彼のGKとしての軌跡が

決定していったといっても

過言ではありません。

 

そんなダニーロは、

少年期の初期から既に

ゴールキーパーとしての才覚を魅せ、

周囲もまたそれを認めていました。

 

ダニーロを知る誰もが、

「彼は偉大なゴールキーパーになる」

と、そう想いを馳せていたそうです。

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203131959j:plain

そんなダニーロは、

いつしか精悍な青年へと成長。

そのサッカースキルもまた

目を見張るものを魅せていきます。

 

スポンサーリンク 

 

 

 

⇒夢は叶う

f:id:newsoftheworld:20161203132147j:plain

2004年には地元シアノルテにて

シニアサッカーチーム・シアノルテ(Cianorte Futebol Clube )に所属。

 

シアノルテサッカーチームは当初、

名もなきサッカークラブでしたが

2003年に正式にサッカーチームとして設立。

その創立からおよそ1年後にダニーロ加入。

 

2004年から2007年にかけて

サッカーチームとして正式に参戦した

シアノルテに多大なる貢献を捧げます。

 

続いて、

所属順にご紹介していきます。

 

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203133126j:plain

2006年

Engenheiro Beltrão(AssociaçãoEsportiva Recreativa EngenheiroBeltrão)

期限付き移籍

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203132920j:plain

2008年

ナシオナルPR(Nacional-PR)

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203132958g:plain

2009年

パラナヴァイ(Paranavaí)

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203133013p:plain

2009-2010年

オペラリオ・フェロヴィアリオ(Operário Ferroviário)

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203133025p:plain

2010-2011

アラポンガス(Arapongas)

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203133039p:plain

2011-2013

ロンドリーナ(Londrina)

 

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203133046p:plain

2013

シャペコエンセ(Chapecoense)

期限付き移籍

 

2014-2016

シャペコエンセ(Chapecoense)

 

 

 

⇒通算ゲーム数

f:id:newsoftheworld:20161203133838j:plain

2011年より所属していた

ロンドリーナ(Londrina)では

通算50ゲーム超の参加で活躍、

 

2016年より所属した

シャペコエンセ(Chapecoense)では

通算150ゲーム以上の参加をし

通算で229キャリアとなっています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

⇒その私生活は

f:id:newsoftheworld:20161203133950j:plain

また、ダニーロは結婚し、

美しい妻レティシア(Leticia Padilha)

夫であることと同時に、

1児の親でもありました。

  

妻であるレティシア(Leticia Padilha)は

墜落事故による悲劇で夫を失い、

言葉では言い表せないほどの

悲哀に暮れているといいます。

 

事故後、

電話でダニーロと話をしたといいます。

 

妻・レティシア(Leticia Padilha)は

どんな気持ちで

その声を受けたのでしょうか……

 

そのベッドの上からの

電話を最後に数分後、

重大な負傷がもとで

息を引き取る事となります。

 

 

 

⇒ダニーロ最期の言葉

墜落事故機内にて、

両足切断された状態で発見された

ダニーロ・パディーヤ。

 

その最期の言葉が、

脳裏に焼きついて離れません。

 

 

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203163621j:plain

ああ神様………

私の家族を、どうか見守ってほしい。

 

いつか笑顔で満たされるまで

どうか見守っていて欲しい。

 

そして私を心置きなく

天国へ連れていってください。

 

命を奪ってください。

 

…だって、

私がいなければ

chapecoenseのみんなは

天国でサッカーができないんです。

 

なぜなら、

私はchapecoenseの

ゴールキーパーなのだから。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

⇒母の悲痛な訴え

f:id:newsoftheworld:20161203134028j:plain

また、母の

アレイド・パディーヤ(Alaíde Padilha)は

メディアへのインタビューに対し、

こう語っています。

 

 

ダニーロはサッカーを心から愛し、

サッカーと共に育ち、

サッカーと共に生きました。

 

ダニーロはサッカーから

人生にとって大切な事を学び、

そして手に入れました。

 

何かに熱心に打ち込む事の尊さ、

自身を強く成長させる事の喜び。

 

一つの目標に向けて共に向かう

一生をかけて付き合える仲間という

かけがえのない宝物も、

生涯共に付き添いたいと思い合える

妻と、その子も、です。

 

私には、今、愛する息子が

どこに居るのかはわかりません。

 

ですが、

きっととても色鮮やかで

華やかで暖かい光の中に居るもの

私はそう、確信しています。

 

  

 

⇒その意志は子へ

f:id:newsoftheworld:20161203134158j:plain

息子のロレンソ(Lorenzo Padilha)は

現在2歳。

 

ロレンソは、2歳でありながらも

父親の歩んだ誇り高き道筋を胸に

「ゴールキーパーになりたい」

そう思っているのです。

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203134243j:plain

父であるダニーロは

献身的に、ロレンソにサッカーを教え

ロレンソもまた、それに応えました。

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203134249j:plain

しかし、

父はもう、この世には居ません。

 

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203134445j:plain

シャペコエンセ(Chapecoense)を

ずっと護り続け、勝利に導いてきた

偉大な父の意志を継ぎ……

 

数十年後、

シャペコエンセ(Chapecoense)チームの

守護神として活躍できる時が

果たしてくるのでしょうか。

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203134450j:plain

また、父の果たせなかった

ありふれたもうひとつの偉業。

 

「引退するその時までサッカーで生きる」

 

これを果たす事ができるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

f:id:newsoftheworld:20161203134500j:plain

きっと出来るものと、

私は、そう願っています。

 ======= END =======  

 

 スポンサーリンク

 

 

関連記事

newsoftheworld.hatenablog.com

 

 

newsoftheworld.hatenablog.com

 

  

newsoftheworld.hatenablog.com

 

 

newsoftheworld.hatenablog.com