反省:60点以上を超えたのが一教科だけ、、。

事例1 59点(平均53.5)

事例2 54点(平均53.5)

事例3 61点(平均59)

事例4 52点(平均53.9)

総合234点(平均219.9)でした(平均は通学生の成績です)。

以下、60点以上への問題点と課題(私の課題ですが、参考になれば)

事例1 

①外部環境分析の問題に対して、脅威の観点だけで、機会の観点を入れなかった。

→機会と脅威の両面で回答を考える。

②見慣れない問題から解いてしまった(事例1に関わらず反省)

→見慣れない問題は後回しにする。

③組織問題と人的資源管理の切り分けを意識していなかった。

→組織と人的資源管理は問題要求時点で意識する。

事例2

①助言で、誰に(Who)が抜けている問題あり

→誰に(Who)、何を(What)、どうやって(How)を意識して、回答を構成する。

②問題要求の制約条件無視があった。

→回答前と回答後に制約条件に合致しているかのプロセスを導入する。

③回答構成の優先順位付けが甘い部分があった。

→優先順位は問題要求にもよるが、事前に優先順位の考え方を決めておく。

事例3

今回はなし。

事例4

①計算問題の下書きを丁寧にしなくて、計算間違いや、見直しができなかった。

→計算問題の情報整理は紙をけちらずに、丁寧にわかりやすく書く。

②①と共通するが、計算プロセスがいつも通りの方法を行わなかった。

→自分で決めたプロセスに沿って問題に取り組む。

これを改善でSTEP3以降は全科目60点以上をキープで本試験を迎えたいと考えています。