明洞で休憩したあと向かったのは豚足専門店のオヒャンチョッパル・マンドゥ
お店があるのは市庁駅だから、天候さえよければ歩ける距離ですが、なんせ雪道で上手に歩けなかったので乙支路3街駅から2駅だけ2号線に乗りました

市庁駅から徒歩で2分くらい


8番出口を出て、大通り沿いの一番手前にある大きなビルを回り込んで、こんな細い道を進むと


オヒャンチョッパルとデカデカと書いてあります

17時前後には着いたので、並んでませんでしたが店内はほとんど埋まっていました

日本語が通じなかったので、隣の韓国女子たちが食べていたのと同じもの!とジェスチャーで注文しました



お鍋はトックと餃子のスープ
安心する味付けでおいしかったです
おかわりしたかったくらい!

メインのチョッパル!

かなり大きいです
これが登場したとき、隣の韓国女子が自分たちのテーブルにも置いてあるのにマシケッター!(おいしそう〜!)と思わず口から出てて、それに私たちもその韓国女子のお友達も笑ってしまいました
かわいかったー
ずっとマシンガントークで男の子の話してて、女子会はどの国でも一緒だな、と思いました

日本で食べる豚足とはなんだか全然違うかんじ
味も全然違います
どっちかというとチャーシュー?に近い味付けです

酸っぱいタレにキャベツの千切りを入れて、それと一緒に豚足を食べます
豚足には八角がけっこう効いているので、そのままでもおいしいですが、タレをつけると飽きずに食べられます

かなりお腹がいっぱいになりますが、おいしかったです
ちょっとクセがあるから苦手な方もいるかなー?とは思います

美人百花でIKKOさんが紹介していたので行ったのですが
日本人のお客さんはあまり見かけなかった気がします